※コロナ禍での塾の方針

 現在、コロナウイルスにより、オンライン授業を行っている学習塾が増えています。しかし、当塾ではコロナ対策を行いながら対面授業を行っています。なぜなら、勉強を行う強制力がオンライン授業では小さいと思っているからです。オンライン授業ではどうしても集中力が足らなかったり、さぼってしまいがちです。
 コロナ禍が収まるまで、できる限りのコロナ対策を行いながら、生徒の学力向上に努めてまいりたいと思います。

  

1.レベルの高い小集団の中での切磋琢磨を大切にします。

 河井学習塾は 集団指導を中心とする学習塾です。それは、「レベルの高い集団の中で切磋琢磨してこそ、より向上できる」という考えに基づくからです。子供たちが成長するにあたっては、レベルの高い小集団の中での切磋琢磨が大切です。
 集団指導は個別指導より授業時間を長く確保できるという強みがあります。授業時間が長ければ、その分、演習時間を確保することができます。ですから、学習内容の定着を子供任せにせず、塾で責任を持って指導をします。この「本人任せにしない」という点は、 成績を伸ばす上で、ご家庭の方が考えられているよりもずっと大切な点です。
 河井学習塾では1クラスを10人程度と制限することで、集団指導にある切磋琢磨できる環境と、個別指導のようなきめ細かい指導を両立させています。

2.通いやすい月謝設定

当塾の費用は廉価設定です。月謝や講習会費も大手に比べて7割程度を意識しています。これは少しでも多くの子供たちに通ってもらいたいという気持ちから来ています。また、入塾金も受け取っていません。 通いやすい月謝、そして入塾金をいただかない。この方針は、少しでも多くの子供たちに勉強する機会を作ってもらいたいという気持ちから来ています。また、テスト前の時期に請求する「テスト対策費」のように、見えにくい費用もありません。

3.万全の定期テスト対策

 河井学習塾は 定期テスト対策に力を入れています。入試は当日の学力テストだけでなく、それまで積み重ねた内申点が大きく関係してきます。特に公立高校の入試において、内申点の良さは非常に強力なアドバンテージです。ですから、まずは学校の定期テストで高得点を取ることが、志望校合格への第一歩と言えます。
 定期テスト前の週末にも教室を開放し、対策授業を徹底的に行います。試験前日も時間割を組み替え、さらに万全を期します。